第35回日本煎茶工芸展開催について 
 
 
 全国から一般応募により出品された作品の内、入賞・入選した煎茶道具、約90点を展示しております。
 
日時 令和3年5月22日(土)・23日(日) 午前10時~午後4時 
会場  煎茶道会館 2階 (京都府宇治市五ヶ庄 黄檗山萬福寺内) 
入場  無料 ※総門からお越しの場合は、萬福寺への入山料が別途必要です。 

※新型コロナウイルスの感染状況により、変更・中止となる場合がございます。

※一定数以上のご入場者数になった場合、ご入場をお待ちいただく場合がございます。
※専用の駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用の上ご来場をお願い致します。
(萬福寺の駐車場をご利用の場合は有料です)
※新型コロナウイルス感染対策のため、ご来場者の方々にはマスクの着用をお願い致します。
※出入口にアルコール消毒液を設置しておりますので、手指消毒の実施をお願い致します。
※検温のご協力をお願い致します。
※以下に該当するような方は、ご来場をご遠慮下さいますようお願い致します。
 ●風邪症状が持続している方
 ●発熱(平熱より高体温、あるいは37.5度以上を目安とする。)、体調不良、嗅覚(におい)障害、味覚(あじ)障害などの症状のある方
 ●2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内などでの発熱含む)との接触歴の可能性がある方
 ●2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内で接触歴がある方)
 ●新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方

 
                         
日本煎茶工芸展特別茶席について(中止)

月刊『煎茶道』4月号にて予告しておりました、日本煎茶工芸展開催に合わせてご来場者の皆様にむけ、一席あたりの入席数を制限した少人数でのお茶席の開筵を予定しておりましたが、昨今のコロナウイルス感染拡大状況をふまえ安全のため中止することと致しました。楽しみにして頂いていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします

    
 

  
第35回日本煎茶工芸展入賞作品のご紹介 
 
    
 文部科学大臣賞
「欅 拭漆 隅切盆」
浅賀 貴宏
 
 
京都府知事賞
「煤竹 波網代 烏府」
中岩 孝二

 
   
 自由民主党総裁賞
「張 「霊芝図」」
馬骨 子才林

 黄檗賞
「釉裏紅 唐草図 角水注」
淡海焼 幸三

   
 京都新聞賞
「カバ材 瓢止メ 伸縮結界」
藪ノ内 高達齋

日本煎茶工芸協会賞
「青花 宮廷嬰戯図 茶閉碗」
清川 吉兆

    
 全日本煎茶道連盟賞
「唐木 五彩の結界」
市川 正人

 日本煎茶工芸協会奨励賞
「茶合 雪華文」
坂本 隆子